ヒールとトップリフト

ヒール靴のパーツをよく見てみると、かかとの部分は2つに分かれていることがわかります。女性のヒールを見てもはっきりとわかりますが、ヒールとトップリフトと呼ばれるパーツに分かれているでしょう。地面に直接つく部分がトップリフトと呼ばれる部分で、ゴムが主に使われますが、革でできている場合もあります。直接減っていくのはトップリフトですが、あまりにヘリが進めばヒールまで削れていってしまうでしょう。

靴リペアを考える場合、あまりにヒールが劣化していれば交換することになります。トップリフトだけではなく、ヒールまで削れている場合にも修理をする必要がありますが、こうなればかなりバランスを崩しているはずです。そうなる前に交換して修理するのが重要なのは、歩きにくくなるだけではありません。バランスが崩れてしまっているため、靴のさまざまな部分に影響を与え、変形も進めてしまうことになるのが問題です。そうなると、修理しなければいけない箇所も増えてしまうため、早めのリペアがポイントになってきます。大事な靴の場合、全体が傷んでしまえば履けなくなってしまうことも出てくるでしょう。そうならないようにするためにも、長持ちさせるためにもリペアがポイントです。

次頁…かかとのリペアの流れ