かかとのリペアの流れ

靴の寿命や履き心地も左右することになるのが、かかとの部分であるヒールとトップリフトのリペアです、履けば吐くほどすり減っていく部分ですので、気が付いたときには、早めになおすのが重要になってきます。

男性靴修理の流れとしては、どれほど減っているのかを確認して、すり減ったパーツを取り除いていくところからスタートです。かかとの部分を作りなおして、貼り付ける準備をします。かかとを張り付けて、はがれないように圧着して調整をおこない、色を合わせて艶出しをすれば完成です。流れ的にはわかりやすいところですが、かかとはそれぞれのかたちにあったものを削りだして作っていかなければいけません。それをはがれないようにしっかりと張り付けるため、新しくしても違和感を覚えないように仕上げられます。

靴の修理に関しては、自分でもできるようなDIYパーツも販売されるようになりました。しかし、外すだけでも道具もそろえなければいけませんし、精度を出そうと思うと、かなりの経験も技術も必要になってきます。体裁をとるためにも技術や専用の道具が必要になってくるため、専門の職人に靴リペアを依頼するのが、大事な靴をいつまでも長持ちさせるために必要になるでしょう。

ヒールとトップリフト

ヒール靴のパーツをよく見てみると、かかとの部分は2つに分かれていることがわかります。女性のヒールを見てもはっきりとわかりますが、ヒールとトップリフトと呼ばれるパーツに分かれているでしょう。地面に直接つく部分がトップリフトと呼ばれる部分で、ゴムが主に使われますが、革でできている場合もあります。直接減っていくのはトップリフトですが、あまりにヘリが進めばヒールまで削れていってしまうでしょう。

靴リペアを考える場合、あまりにヒールが劣化していれば交換することになります。トップリフトだけではなく、ヒールまで削れている場合にも修理をする必要がありますが、こうなればかなりバランスを崩しているはずです。そうなる前に交換して修理するのが重要なのは、歩きにくくなるだけではありません。バランスが崩れてしまっているため、靴のさまざまな部分に影響を与え、変形も進めてしまうことになるのが問題です。そうなると、修理しなければいけない箇所も増えてしまうため、早めのリペアがポイントになってきます。大事な靴の場合、全体が傷んでしまえば履けなくなってしまうことも出てくるでしょう。そうならないようにするためにも、長持ちさせるためにもリペアがポイントです。

次頁…かかとのリペアの流れ

かかとと靴リペア

ヒールのかかと靴は履くものです。あまりの出来栄えから、飾っておくようなものもありますが、実用品であることからも、使っていくのが一番でしょう。ですが、どんどんとすり減りも出てきてしまいます。地面と接する部分であるかかとは特に減りやすい部分といえるでしょう。築いたら、ヒールから音が聞こえてくるようなことも出てきます。大切な靴であれば、できれば修理をしてでも履き続けたいところです。実際に靴はリペアができるものがほとんどで、すり減ったかかとも直せばまた新品のように履き続けることができます。特に専門の職人に依頼できれば、美しく仕上げることができるでしょう。

逆に新品のようにしてしまうと、せっかくなじんできた靴が浮いてしまうようなことも出てきます。そんな時には、新品のような風合いにならないような修理といったこともできるところもあるぐらいです。こうしたリクエストもあるのが靴の特徴であり、それだけ愛着を持って吐くものといえるでしょう。

かかとは、気になったらすぐにリペアに出すのが重要です。どうしても後回しにしてしまうことも出てきますが、靴はすべてのパーツのバランスで出来上がっています。かかとがすり減るだけでも、靴全体に悪影響を与えてしまいますので、早めにリペアに出すことが大切です。

靴のリペアは、意外と知られていないことがたくさんあります。大事な靴を長く愛用していくためにも、知識として靴リペアを参考にしてみてはいかがでしょうか。

次頁…ヒールとトップリフト