かかとと靴リペア

ヒールのかかと靴は履くものです。あまりの出来栄えから、飾っておくようなものもありますが、実用品であることからも、使っていくのが一番でしょう。ですが、どんどんとすり減りも出てきてしまいます。地面と接する部分であるかかとは特に減りやすい部分といえるでしょう。築いたら、ヒールから音が聞こえてくるようなことも出てきます。大切な靴であれば、できれば修理をしてでも履き続けたいところです。実際に靴はリペアができるものがほとんどで、すり減ったかかとも直せばまた新品のように履き続けることができます。特に専門の職人に依頼できれば、美しく仕上げることができるでしょう。

逆に新品のようにしてしまうと、せっかくなじんできた靴が浮いてしまうようなことも出てきます。そんな時には、新品のような風合いにならないような修理といったこともできるところもあるぐらいです。こうしたリクエストもあるのが靴の特徴であり、それだけ愛着を持って吐くものといえるでしょう。

かかとは、気になったらすぐにリペアに出すのが重要です。どうしても後回しにしてしまうことも出てきますが、靴はすべてのパーツのバランスで出来上がっています。かかとがすり減るだけでも、靴全体に悪影響を与えてしまいますので、早めにリペアに出すことが大切です。

靴のリペアは、意外と知られていないことがたくさんあります。大事な靴を長く愛用していくためにも、知識として靴リペアを参考にしてみてはいかがでしょうか。

次頁…ヒールとトップリフト